プロペシアによる精力低下の副作用

プロペシアは男性のみが使える、男性型脱毛症(AGA)に効果があると認められている医薬品です。医療機関のみで手に入るものですが、副作用も多く報告されています。

こちらではプロペシアによる性力低下の副作用について詳しく解説します。なぜ精力が低下してしまうのかを記載し、精力が低下してしまった方の口コミについても紹介します。

プロペシアによる精力低下の内容とは?

・セックスする気分がなくなってしまう

性的な行為をしたい、といった気分が生まれてこないといったケースが報告されています。彼女や奥さんを目の前にしてもそういった気分にならなかった例が報告されており、大きな問題となっています。

勃起不全が出てきてしまった例も少なからずあり、性的な能力に何らかの影響があることは間違いなさそうです。

精力低下を招くと子供ができにくくなる例もあり、かなり注意すべき副作用の一つです。

なぜプロペシアによって精力低下が発生してしまうのか?

・男性ホルモンに何らかの影響を与えている可能性あり

そもそもプロペシアは、前立腺肥大症を改善させるための医薬品として開発されました。前立腺は性的な位置とも非常に近く、何らかの影響を与える可能性もあります。

プロペシアの大きな役割は、男性ホルモンと結合する5-αリダクターゼといわれる酵素の働きを抑制することにあります。その時に、男性ホルモンに対して何らかの影響を与えているのではないか、といった仮説を立てることもできるのです。

実際に精力低下が出てしまった方の口コミ

プロペシアを飲み始めてから、朝勃ちの回数が非常に減ってしまいました。セックスをしたいといった気持ちもなんだかわかなくなってきていますし、不安です。飲まなくなれば副作用は収まるのでしょうか。(30代前半・男性)

エッチな本やDVDが好きでよく見ていたのですが、エフペシアを飲み始めてからあまり見たいと思わなくなったのです。一応、勃起はするのですが、今までに比べて精力は減った模様。これで勃起しなくなったらすぐに飲むのは辞めます。(20代後半・男性)

口コミで見えてきたのは、20代や30代前半といった若い方に精力低下の副作用が出ていることです。40代であれば年齢の影響もあるのではないか、とも思えます。しかし、若い方にも出ていることを考えると、プロペシアには実際に精力低下といった副作用があると結論づけてよさそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ