ミノキシジルにおける肌荒れの副作用

塗布型発毛剤のミノキシジルの副作用として最も多く報告されているのが「肌荒れ」です。ここでは、いったいどんな症状が出てきてしまうのか?なぜ肌荒れが起こるのか?といったことを解説します。

さらに実際に肌荒れを起こしてしまった方の口コミについても紹介します。

ミノキシジルにおける肌荒れの内容とは?

・炎症
・フケ
・ニキビなど

肌荒れと言っても、炎症だけが起きるわけではありません。肌荒れ全体に関わってくる可能性があるので注意しなければなりません。

ちなみに、ミノキシジルを塗布した部位に症状が起こります。塗布していない場所に対しては、大きな影響を与えるケースは特に多くはありません。

肌荒れの症状のリスクを少しでも引き下げたい場合には、塗布する部位を限定してみるのも良いかもしれません。

なぜミノキシジルによって肌荒れの症状が発生してしまうのか?

・ミノキシジルは刺激物である

ミノキシジルは薬品です。頭皮に全く影響が出ないわけではありません。体質的にあわない方もいます。刺激が強いので、敏感肌の人には肌荒れの症状が出やすいので注意してください。

・血行が良くなると皮脂の過剰分泌が起こる

ミノキシジルには血管の拡張作用があります。その結果、代謝が良くなるといった効果もあるのです。良い事に聞こえるかもしれませんが、皮脂が今まで以上に分泌されやすくなるといった副作用も出てきてしまいます。

皮脂が分泌されると、毛穴につまってしまいます。さらに細菌などの餌になるので、菌が大量繁殖してしまう可能性も捨てきれません。結果的に、アクネ菌を増やしてニキビが発生してしまうこともあります。

フケの原因菌である癜風菌(でんぷうきん)が過剰に発生する例も報告されていることも付記しておきます。

実際に肌荒れの症状が出てしまった方の口コミ

リアップを利用しています。M字の部分が薄くなっているので利用しているのですが、赤い炎症がぼつぼつと出てきてしまいました。抜け毛が増えてきた印象もあるので、なんだかとても不安です。(20代半ば・男性)

もともと敏感肌なのですが、リアップを使っていると頭皮がかゆくなってしまいました。かいているとその部位の皮膚が赤くなってしまい、なんだか不安ですぐに使うのを辞めました。そうしたら、かゆみも消えました。リアップの副作用かもしれません。(40代前半・男性)

口コミを探ってみると、特に多いのが頭皮の炎症です。ミノキシジルの副作用と、頭皮の炎症は切っても切れない関係のようです。

炎症があると、毛の成長を阻害してしまう可能性もあります。ミノキシジルを使って頭皮の炎症が出た場合には、すぐに利用を中断してください。続けているとせっかくの育毛・発毛活動が無になってしまうかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ