ミノタブにおけるむくみの副作用

ミノキシジルタブレットの副作用として紹介される機会が少ないのが「むくみ」です。
しかし、容姿に大きく関わってくる副作用なので、しっかりと把握しなければなりません。

こちらではミノタブ(ミノキシジルタブレット)でなぜむくみが起こってしまうのかを解説し、さらに症状が出てしまった方の経験談について紹介します。

ミノキシジルにおけるむくみの内容とは?

・主に顔にむくみの症状が表れやすい

顔以外にもむくみが出るケースはありますが、ミノタブのむくみの副作用として報告されるのは基本的に顔が多いです。飲み始めて顔のむくみが出る機会が増えた場合には、ミノタブによる副作用を疑うべきです。

ちなみにむくみが出る部位が、顔ではなく心臓に近い部位になるとかなり危険です。顔にむくみが出た時点でミノタブの利用は辞めましょう。

なぜミノキシジルによってむくみの症状が発生してしまうのか?

・ミノキシジルには利尿機能を低下させる機能がある

体内の水分は定期的に排出されなければなりません。そうすることにより、身体の毒素も体外に流れ出ることになります。

ロテニンを代表とするミノタブにはミノキシジルが含まれているのですが、その有効成分自体に利尿作用を阻害する作用があるのです。体内に塩分と水分が蓄積されやすくなってしまい、その結果としてむくみが出やすくなります。

・危険なむくみの症状について

特に危険な副作用として、心臓に水分がたまってしまう例も報告されています。心臓に水がたまると、心臓の機能が低下する可能性があります。

解決策として利尿剤を飲む方法もありますが、利尿剤にも副作用があるので注意しなければなりません。

実際にむくみの症状が出てしまった方の口コミ

朝起きると顔のむくみがひどいです。今までこんなことはなかったのでびっくりです。同僚にも「なんか印象が変わった」とか「太ったの?」なんて言われてしまっています。ミノタブくらいしか原因が思いつきません。(20代後半・男性)

顔がむくんでしまい、なんだか不細工な印象に。せっかく髪の毛が増えても、むくんだままでは意味がないと思って、ミノタブの服用は即刻中止。飲むのを辞めたら通常通りになりました。こんな副作用まであるんですね。怖い、怖い・・・。(30代前半・男性)

顔のむくみで印象が変わってしまったとしている口コミが多かったです。印象が変わるほどのむくみですから、かなり水分がたまりやすくなってしまっているのが分かります。

むくみはリンパ流れが悪くなると引き起こされるものですが、リンパの流れが阻害されると太りやすくなるといったデメリットも出てきます。容姿にも大きな影響を与えかねないのがミノタブなので、服用には細心の注意が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ