ミノタブにおける動悸・めまい・倦怠感・不整脈の副作用

ミノタブの副作用としては、動悸・めまい・倦怠感・不整脈があります。なぜひとまとめにしているのかといえば、すべて血圧に関わってくる健康上の問題だからです。

ここでは、ミノタブによる動悸・めまい・倦怠感・不整脈といった副作用のメカニズムの解説と、実際に経験した方の体験談(口コミ)を紹介します。

ミノキシジルにおける動悸・めまい・倦怠感・不整脈の内容とは?

・心臓がドキドキしてしまう⇒鼓動が大きく聞こえる
・めまい⇒立ちくらみ
・倦怠感⇒力が出ない
・不整脈⇒脈が不安定になる

ミノタブを服用すると、上記のような症状が起こってしまうことがあります。かなり大きな健康被害になるのですが、恐ろしいことにミノタブの副作用としてはかなり一般的なものです。報告数もかなり多いので、はっきりと言ってしまえば起こる可能性がかなり高いものばかりなのです。

あまりの副作用の酷さに救急車で運ばれる方も実際にいます。こちらの副作用が出た場合にはすぐに利用をストップしてください。生命の危機にも関わります。

なぜミノキシジルによって動悸・めまい・倦怠感・不整脈の症状が発生してしまうのか?

・血圧が急激に下降しまうから

ミノキシジルには血圧を下げる作用があります。それがメイン機能なので、服用した方は、基本的に血圧が下がるのです。

通常の血圧の方であれば問題ないと思われるかもしれません。しかし、薬の効き方は人それぞれです。正常な血圧であっても、ミノキシジルの効果が強く出てしまい、血圧に問題が出てしまう例はいくらでもあるのです。

血圧が低くなると心臓に負担が出ます。動悸が出てきたり、不整脈が起こったりします。それと同時に倦怠感が体を襲うのです。

また血管が広がりすぎると、頭にまで血がおくられなくなってしまいます。貧血のような状態になりめまいが発生してしまうのです。

普段から血圧が低い方、貧血気味の方は、特にミノキシジルタブレットの利用はおすすめできません。

実際に動悸・めまい・倦怠感・不整脈の症状が出てしまった方の口コミ

ミノタブを飲んですぐに、動悸が激しくなってしまいました。運動もしていないのに、運動した直後のような状態になってしまうのです。しかも、不整脈のようなに鼓動がアンバランスな感じになってしまい、最終的には倒れてしまいました。ミノタブはすぐに利用を辞めました。こんな危険なものだったとは・・・。(20代後半・男性)

ロテニンを飲んでいました。薄毛が解決すると期待していたのですが、立ちくらみが起こるようになってしまいました。座っている状態から立ち上がるだけで、フラフラしてしまうのです。このままでは大変なことになりそうなので、薄毛は治したかったのですがミノタブの利用はあきらめました。(30代前半・男性)

口コミをいろいろと調べてみると、倒れてしまった方が意外に多いのが分かります。倒れるのは非常に危険です。実際に、ミノタブを利用して亡くなった方もいらっしゃるほどです。薄毛を治すためにそこまで危険を冒していいのでしょうか。

最近では、安全性の高く効果も期待できる育毛剤も多いです。ミノタブからの切り替えを真剣に考えるべきだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ